近畿大学医学部

近畿大学は、総合大学のメリットを生かし、他学部や関連研究所との協力・連携を図っているのが特色です。

近畿大学の学納金は2012年の時点で6年間の総額が35,800,000円となっています。

近畿大学の男女比ですが、男59.6%、女子40.4%で、医学部の中では女子の割合が比較的高いです。

近畿大学の入試ですが、数学に関しては、基本・典型問題は確実に解けるようにすべきです。

特にここのところ出題頻度の高い図形と方程式、数列の典型問題はしっかりやっておく必要があります。

過去問を解き、答案を先生に見てもらって減点されない記述の解答作りもできるようにしておくことをおすすめします。

英語においては、難易度がそれほど高いわけではないですが、過去問を徹底的にやっておきましょう。

出題は、短文完成、誤文訂正、整序英作文の3点は押さえておきたいです。

理科に関しては、化学と、物理に関しては標準レベルですが、物理は難易度が高いです。

化学は、前期日程でも後期日程でも基本から標準的な問題がここ数年来出題され続けていて、傾向に変化がありません。

なので、過去問でしっかり傾向をつかむことが必要です。

物理は、大問3題で構成され、力学、電磁気、熱力学からの出題です。

標準レベルとはいえ、ガウスの法則やビーズ球の円運動などの見慣れない問題もあるのでやや難易度の高い問題をこなすことが重要です。

生物は、代表的な実験だけではなく、普段はあまり見ない実験に関しても覚える余裕がほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree

Spam Protection by WP-SpamFree

© 関西の私立大学医学部
CyberChimps