兵庫医科大学

兵庫医科大学は、臓器別統合カリキュラムを核とする体系的な教育が特徴です。

兵庫医科大学の学納金は2012年の時点で6年間の総額が37,000,000円となっています。

兵庫医科大学の男女比ですが、男子60.6%、女子39.4%で、医学部の中では女子の割合が比較的高いです。

浪人比では、現役25.7%、その他74.3%で現役は4分の1にとどまっています。兵庫医科大学の入試ですが、数学は、医療絡み設定の確率の問題が特徴です。

理系にしては数学Ⅲの割合が少ない事が多く、確率や図形と方程式、ベクトルの出題頻度が高いですが、2011年には数学Ⅲの内容が増えたことで少し傾向が変わりました。

英語は、和訳英訳が毎回出題されていますが、全体的に文法や文構造が重視されています。

なので、基礎問題に重点をおくのも有効です。

理科は、化学は標準ですが、生物、物理はやや難易度が高くなります。化学は、例年、有機化学や無機化学の総合的内容からの穴埋め問題が多く出題されています。

生物は、空所補充と正誤問題に加えて計算問題が多くなりました。

物理に関しては、2007年、2006年と2年連続で出題された光子のエネルギーとエネルギー準位は過去問で一応研究しておく方をおすすめします。対策としては、難問ではないが難度の高い問題を解いておくことが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree

Spam Protection by WP-SpamFree

© 関西の私立大学医学部
CyberChimps